体臭が気になる夏|切開不要な神技でチェンジマイライフ|大塚美容外科で二重に変身

切開不要な神技でチェンジマイライフ|大塚美容外科で二重に変身

体臭が気になる夏

ウーマン

アセチルコリンを阻害

夏は汗を多くかくため体臭の匂いが気になる季節です。その対策として効果的なのが、シワ取りでも有名なボトックスです。その仕組みはアセチルコリンの分泌を阻害することにあります。特に体臭の原因となるのがアポクリン汗腺から分泌する汗ですが、アセチルコリンはその発汗を促す効果があるのです。ボトックスはその元凶であるアセチルコリンに直接作用してくれるため、制汗の効果が期待できます。その効果は3カ月から6カ月ほどなので、多くの人々は4月から6月にかけて行うことが多いです。その時期にボトックスを施せば、汗が気になる夏を超すことができます。もちろん、来年の夏には効果が失っています。そのため、再度効果を得たいなら、また施せば大丈夫です。

施術するタイミング

その汗を抑える効果のあるボトックスは施術してもすぐに効果がでるわけではありません。体質やボトックスの品質にも左右されますが、おおよそ2日から1週間ほどで効果が現れます。しかし、明日外出するのに制汗効果を得たいと思ってもボトックスでは適いません。そのため、何かのイベントがあり制汗効果を得たいのならば、遅くともイベント当日の1週間前にはボトックスを施しておいた方が良いでしょう。特に汗による体臭が気になるのは、脇と足です。服や靴によって湿度と温度が雑菌が繁殖しやすく、その雑菌から悪臭の原因となる物質を出してしまいます。そして、ボトックスは気になる部分に直接注射を打つことで、効果が現れます。そのため、脇や足に行うことが多いです。